株式会社パールダッシュは文化人、俳優、アーティストのマネジメント業務及び天現寺カフェを展開するケイダッシュグループの子会社です。株式会社パールダッシュ

メニュー
トップページBOOKS 出版書籍一覧 > 所属事務所:パールダッシュ タレント【麻木久仁子】光文社『ゆらいだら、薬膳』

BOOKS 出版書籍

所属事務所:パールダッシュ タレント【麻木久仁子】
2018年2月16日発売
タレント:麻木久仁子 光文社『ゆらいだら、薬膳』
タレント【麻木久仁子】ゆらいだら、薬膳

身も心もボロボロだった40代―私の生き方を変えたのは家族との食卓でした

麻木久仁子『ゆらいだら、薬膳』

身も心もボロボロだった40代―人間関係でつまずき、48歳にして脳梗塞、そして乳がん。 仕事も激減し……。引きこもりがちな日々を過ごしていた麻木久仁子さん(55)。 けれど、「ママ、もう立ち直れ。また一から出直せばいいじゃない」という娘のひと言がきっかけとなり、食生活を整え、薬膳を学び、50 歳からの生き方を見つめ直すようになりました。

薬膳とは、季節の移り変わりやその日の体調など、日々変化にさらされている体にもっとも良いものは何かと考えながら作るごはんのこと。特別な材料はいりません。 「外はさぞかし寒かっただろう」と、しょうがの利いたスープを作れば、それも薬膳なのです。

食生活を中心に改善していくことで、病気ではない不調(体や気持ちの変化)にゆらぎながらも、腹が立たなくなったし、自分を責めなくなったし、生きやすく健康になったと話します。

本書では、毎日作りやすい薬膳レシピはもちろん、病気のこと、日々の不調の整え方、今年社会人となった娘との日常、糖尿病の母親へのレシピなど、50 代からの女性につきまとうあれこれと、麻木さんなりに導き出した〝生きやすい生き方〟についても執筆しています。

<コンテンツ>
◆私にとっての薬膳ルール「どんな食材も薬膳になる」「”体にいい”は体調や季節で変わる」
◆「一汁一菜」が変えてくれた料理への苦手意識
◆シンプルになっていく調味料(厳選お取り寄せ調味料)
◆「土鍋で朝おかゆ」「土鍋でみそ汁」という薬膳
◆薬膳は、お茶だけでもいい ほか

  • 【定価】 本体1,400円+税
  • 【発売日】 2018年2月16日
  • 【判型】 A5 判、オールカラー128 ページ

光文社『ゆらいだら、薬膳』を購入する(Amazon)

所属事務所:パールダッシュ タレント【麻木久仁子】プロフィールページへ

所属事務所:パールダッシュ タレント【麻木久仁子】BOOKS

2018年2月16日発売
光文社「ゆらいだら、薬膳」
ページトップへ